• HOME
  • コラム
  • 雨の日を安全で快適にライディングするために 〜装備〜

コラム

雨の日を安全で快適にライディングするために 〜装備〜

雨バイク

「雨の日はバイクに乗りたくない」と思っていても、乗らないといけない時ってありますよね。

「その日しかツーリングに行けない」
「交通手段がバイクしかない」

そんな時のための「装備のポイント」をご紹介します。

雨の日の装備について

雨の日も晴れている時と同じ装備だと、濡れた部分が走行時に当たる風で冷やされ、夏場であっても想像以上に体が冷えます。
人間は体が冷えると筋肉を細かく動かして体温を上げようとしますので、ライディングに集中できなくなります。
また、「早く目的地について温まりたい(着替えたい)」という焦りから思わぬ事故に繋がってしまうことがあります。

雨の日の装備のポイントを押さえることでそのような危険を少なくすることができます。

ヘルメット

ヘルメットは人によりこだわりがありますが、雨の日はフルフェイスヘルメットかジェットヘルメットのシールド付きを使用しましょう。
シールドの無いヘルメットでは顔に雨風が当たることによって普段の走行以上に視界が奪われます。

ウエア

山歩き用やコンビニのレインウエアを使用されている方をよくお見かけします。
バイク用じゃない物は走行風を受ける想定がされていないため、水が染み込んできてしまう場合があります。
バイク用のレインウエアは走行風で水が押し込まれる状態を想定して作られており、水が染み込みにくくなっています。
また、バイクに乗る時の体の形に合わせて作られているので、裾や袖口、首元などから雨水が入りにくくなっています。

グローブ

レインウエアは良い物をお持ちの方でも、意外と気にされていないのがグローブです。
手が濡れて冷えてしまうと繊細なブレーキやアクセルの操作ができなくなります。
路面が悪く繊細な操作を要求される状況の中、手がかじかんでしまうと・・・想像するだけでも怖いですね。
レインウエアと同じく防水グローブも様々な種類が販売されています。ヘルメットのシールドについた水を切ることができるワイパー(水切り)がついたグローブなどもあります。

シューズカバー

もともとバイク用ブーツは防水の製品が多いので「シューズカバーなんて必要ない」と思われる方もいらっしゃると思います。
ですが、どうしても開口部(紐やベルクロ、ジッパー部分など)があり、通常の雨であれば防水効果を発揮していても、激しい雨や風圧が上がると少しずつ染み込んでくることがあります。
シューズカバーはブーツにかぶせて使用し、足の裏はブーツのソールが露出しているためブレーキペダルの操作に影響が出にくくなっています。
激しく当たる雨水からブーツをガードしてくれるので、防水ブーツと合わせて使用すると長時間快適に走行できます。

着替え

バイク用の装備ではないですが、目的地に到着した際、下着や靴下を乾いたものに着替えることができるととても快適です。
レインウエアなどの装備によって服を濡らす確率は減らせますが、染み込んできたり、ウエアの中が蒸れて汗をかいたりするので、下着や靴下は替えをビニール袋などに入れてカバンに入れておく事をお勧めします。
また、目的地の環境が許せば濡れた服やレインウエアなどを干すために折りたたみ式のハンガーなどがあると帰宅時も快適にライディングすることができます。

ロードサービスに加入しましょう!

また、電装系の故障やスリップによる転倒などのトラブルが多くなりがちです。
万が一トラブルに遭ってしまった際、ZuttoRide Clubのロードサービス無制限プランに加入していれば、トラブルが起きた場所からお店まで距離無制限でお運びできます。

「保険会社指定の知らない整備工場に運ばれてしまった」
「搬送距離が15kmまでと制限があって、結局お金がかかってしまった」
ということがありません。

長年バイク専門でロードサービスを取り扱ってきたZuttoRide株式会社だからこそできるサービスです!
トラブルが起きてからの加入では会員サービスの適用ができません!
ぜひお出かけ前にご検討ください!

お見積もりはこちらから!!

まとめ

バイクはとても楽しい乗り物です。
ですが、雨など天候の変化に影響されやすい乗り物でもあります。
特に最近はゲリラ豪雨なども増えています。
安全、快適なバイクライフのために雨の日用の装備を揃えましょう!

走行時の注意点の記事もよろしければご覧ください。

一覧へ

新規ご登録

新規ご契約希望の方はこちらからお見積もり、お申し込みいただけます。

お申し込み