会員様の声

バイク仲間の話を聞いて自分も不安に…

大阪府在住 会社員 Uさん

Uさん

 

まずは入会した動機をお聞かせ下さい。

仲間内で、バイク自身の盗難、パーツの盗難、鍵穴いたずらに遭った方がおられたことと、自宅がマンションで車両が見える位置に無く、不安があった。仮に盗難にあった場合、それなりの条件はあるとは思うが、丸々自腹を切ることは無くなる。また、バイクの使用はツーリングが主体なので、事故や故障などトラブルの際のロードサービスが付いていることも決め手の一つ。

 

現在の愛車の保管場所、保管状況について具体的に教えて下さい。

マンション駐輪場。人は自由に入れる場所ではあるが、一番奥の出しにくい場所。(バイクを出す際には、何度か切り返しをしないと出しにくい。)フロントにディスクロック、バイクカバー、その後リアチェーンロック。なるべく盗難やいたずらをするのに面倒な状態にするよう心掛けています。その分自分が出す時も面倒です。

 

Uさんの周りで車両本体の盗難、パーツ盗難、いたずらなどの被害に遭った方はいらっしゃいますか?

-車体丸ごと盗難(ゼファー1100)
-フロント周りのパーツ盗難(詳細不明/ドゥカティ)
-鍵穴にガムを詰められた。

 

ロードサービスと盗難保険の「バイクよくばりあんしん倶楽部(現:Zutto Ride Club)」に入る前と後で、変化などがあれば教えて下さい。

ロングツーリングの際の、事故、故障時のロードサービス、盗難、カギ穴いたずらへの補償もあって、サービス名の通り、安心感があります。

 

ロードサービスと盗難保険に入っていない方に、何かメッセージがあれば教えて下さい。

車や医療の保険でも同じことは言えるのですが、保険ですので、あくまで ’もしも’に対する安心感や保証になります。 リーズナブルでは無いと感じるかもしれませんが、大切な愛車へのいたずらや、盗難に遭ったことを考えてみましょう。お財布にも心にも、かなりの痛手になることは間違いないですね。保険で心は戻りませんが、救いにはなります。

 

新規ご登録

新規ご契約希望の方はこちらからお見積もり、お申し込みいただけます。

お申し込み