• HOME
  • 会員様の声
  • 不慮のトラブルでロードサービスの必要性を実感して…

会員様の声

不慮のトラブルでロードサービスの必要性を実感して…

東京都在住 会社員 Mさん

Kさん

 

まずは入会した動機をお聞かせ下さい。

以前、ハーレーで会津にツーリングに行った時、パンクしてしまい、ロードサービスに入っていなかったので、乗れるだけ乗って、途中から押して、やっと見つけた小さなバイクショップに頼み込んで、修理してもらいました。
その時はもう、フラフラで倒れそうでした。 あの時は、お店の人が「うちは国産だけど…」と言いながらも修理してくれたので、東京まで無事自走して帰れましたが、もしパンクではなく故障や事故だったら、高額のレッカー代が掛かっただろうな、と思うとゾッとします。

そして、盗難・・・。
私はマンションの駐車場に3台バイクを置いてあるのですが、2005年の秋、愛車のローライダーが盗難に遭い、2008年の夏には、さらに夫の所有するビューエルが盗難に遭いました。
そんなこともあり、新車購入から2年経って、メーカー付帯のサービスの期限が切れた今年の夏、ロードサービスと盗難保険がセットになったような他のサービス(保険)には入らなければ…と探していたところ、ディーラーにパンフレットが置いてあった「バイクよくばりあんしん倶楽部(現:Zutto Ride Club)」に目が留まり、入会しました。

 

その盗難被害時の保管状況など、具体的に教えて下さい。

盗難に遭った2台とも、キーロック、チェーンロック1箇所、バイクカバーを掛けた状態でマンションの駐車場に置いてました。

 

 2台盗難された時は、それぞれ盗難保険には入っていましたか?

どちらも、新車購入時にメーカー付帯のものに入っていました。「会費が高いなぁ・・」と思いつつ払っていましたが、実際に盗難に遭って、「入っててよかったぁ!」と心底思いました。

 

Kさんの周りで車両本体の盗難、パーツ盗難、いたずらなどの被害に遭った方はいらっしゃいますか?

以前、知人のバイクが駐輪場からそっくり消えて、近くの空き地からパーツを取り外された無惨な姿で見つかったことがありました。

 

実際に、盗難被害に遭う前と後で、変化などがあれば教えて下さい。

2台目が盗難に遭いかなりショックを受け、不安でいっぱいになり、”より丈夫なロックなど盗難対策の手立てがとれるまで”という条件で、マンションのロビーに入れさせてもらってました。 それから、マンションの管理組合が動いてくれて、駐輪場やロビーに防犯カメラが設置されました。
さらに、かなり強力なロックや大音量で鳴るアラームを取り付けたりしましたが、十分とはいえず、盗難保険に入りました。
やはり、「万が一のことを考えて」というのを身をもって体験しただけに、保険の加入後は、より安心感が増したように思います。

 

ロードサービスや盗難保険に入っていない方に、何かメッセージがあれば教えて下さい。

実際自分が盗難被害に遭うまでは、周りの盗難の話を聞いても、あまり身近なこととして考えていませんでした。 「我が身に降りかかって」初めて恐ろしさを感じました。
「私だけは大丈夫」というような、どこか他人事だったことを体験してしまうと、「まだの方は早く入った方がいいですよ」と言いたいです。

盗難に遭ったショックというのは、そのあと同等のバイクを再び手に入れようとすれば、お金がかかる、という金銭的なダメージにとどまりません。私の場合は、初めての大型バイク、しかもこのバイクと過ごした日々が、私の人生をいろんな意味で支えてくれていただけに、それらの思い出までもが盗られてしまった・・・という精神的なダメージが大きかったです。
きっとバイクを大事にされてる方なら、「このバイクと過ごした日々」というのが一人一人の心の中にあるはず…と思うので、 精神的ダメージが大きい中で金銭的ダメージを軽減してくれる「バイクよくばりあんしん倶楽部(現:Zutto Ride Club)」を是非お勧めします!

新規ご登録

新規ご契約希望の方はこちらからお見積もり、お申し込みいただけます。

お申し込み